You are here
Home > セブ島留学 > セブ島留学中に食べておきたいフィリピン料理:タホ(Taho)

セブ島留学中に食べておきたいフィリピン料理:タホ(Taho)

フィリピン料理について、ちょこっとだけご紹介するシリーズです。フィリピン料理といってもピンとこないよ~というそこのあなた。フィリピン留学時の食事の参考にしていただけると幸いです。というわけで今回は「タホ(Taho)」をご紹介します。

セブ島留学中に食べておきたいフィリピン料理:タホ(Taho)

タホとは

タホとはいわゆる豆腐の事です。ト―フ・・・タ―ホ・・・タホ・・てな感じで伝わったのでしょうか。

フィリピンではよくこのタホを入れた桶を担ぎながら「タホー、タホー」と(ホントです)売りまわっています。

日本の豆腐との大きな違いはその食べ方で、蜜をたっぷり入れてデザートとして食べます。ちょっと不思議な感じがしますが、日本でもデザート系のタイプの豆腐もあるようなので、そんなに違和感はないです。蜜と絡まって美味しいですよ!

以上、フィリピンを訪れた際は一度ご賞味ください。

 

その他のフィリピン料理はチェックしましたか?

料理
アドボ(Adobo)
エンパナーダ(Empanada)
シオマイ(Siomai)
シシグ(Sisig)
シニガン(Sinigang)
チャプスイ(Chopsuey)
パラボク(Palabok)
バロット(Balut)
パンシット(Pancit)
ルンピア(Lumpiang)

 

スウィーツ
エンサイマーダ (Ensaymada)
チャンポラード(Champorado)
バナナキュー(Banana cue)
ハロハロ(Halo-halo)
ビビンカ(Bibingka)
プト(Puto)
マハ(Maja)
レチェ・フラン(Leche flan)

Top