You are here
Home > セブ島留学 > セブ島留学中に食べておきたいフィリピン料理:パラボク(Palabok)

セブ島留学中に食べておきたいフィリピン料理:パラボク(Palabok)

フィリピン料理について、ちょこっとだけご紹介するシリーズです。フィリピン料理といってもピンとこないよ~というそこのあなた。フィリピン留学時の食事の参考にしていただけると幸いです。というわけで今回は「パラボク(Palabok)」をご紹介します。

セブ島留学中に食べておきたいフィリピン料理:パラボク(Palabok)

パラボクとは

パラボクとは、米粉(タピオカ粉が使われることもあるそうです)の細麺にエビなどが入った海鮮ダシのあんがかかった料理で、パンシットの1種とされています。

これはパーティサイズ

一言で表すと「すごい食べやすい」です。見た目とは裏腹にあっさりした味で、シーフードも入っていて美味しいので、ちょっとおなかがすいた時にもおススメです。

 

ローカルレストランのイナサルやフードコートなどでも提供されており、またビュッフェなどでも定番の料理です。

以上、フィリピンを訪れた際は一度ご賞味ください。

 

その他のフィリピン料理はチェックしましたか?

料理
アドボ(Adobo)
エンパナーダ(Empanada)
シオマイ(Siomai)
シシグ(Sisig)
シニガン(Sinigang)
チャプスイ(Chopsuey)
バロット(Balut)
パンシット(Pancit)
ルンピア(Lumpiang)

 

スウィーツ
エンサイマーダ (Ensaymada)
タホ(Taho)
チャンポラード(Champorado)
バナナキュー(Banana cue)
ハロハロ(Halo-halo)
ビビンカ(Bibingka)
プト(Puto)
マハ(Maja)
レチェ・フラン(Leche flan)

Top