You are here
Home > セブ島留学 > セブ島留学中に食べておきたいフィリピン料理:パンシット(Pancit)

セブ島留学中に食べておきたいフィリピン料理:パンシット(Pancit)

フィリピン料理について、ちょこっとだけご紹介するシリーズです。フィリピン料理といってもピンとこないよ~というそこのあなた。フィリピン留学時の食事の参考にしていただけると幸いです。というわけで今回は「パンシット(Pancit)」をご紹介します。

セブ島留学中に食べておきたいフィリピン料理:パンシット(Pancit)

パンシットとは

パンシットは一言でいうとフィリピン風焼きそばです。

麺は中華そばだったり、ビーフンだったり、また具材もお店によって野菜やシーフードなどがあります。フィリピン人にとっては定番の料理で、多くのレストランで提供されています。写真のようにパーティなどで大きなお皿でドンと出されのもよく見られます。良くも悪くも、クセがないので結構パクパク食べれちゃいます。

 

ちなみに一番ポピュラーなフィリピンのインスタントヌードルといえばパンシット・カントンでしょう。

pancit_cantonこのカラマンシー味(柑橘系)はなかなかハマる美味しさです。現地だと1パック約10ペソ(約30円)で売っています。日本のインポート店だと100円程度で販売されています(○マゾンでも売っています)。複数の味がありますし、お土産に意外と喜ばれますw

以上、フィリピンを訪れた際は一度ご賞味ください。

ではでは。

 

その他のフィリピン料理はチェックしましたか?

料理
アドボ(Adobo)
エンパナーダ(Empanada)
シオマイ(Siomai)
シシグ(Sisig)
シニガン(Sinigang)
チャプスイ(Chopsuey)
パラボク(Palabok)
バロット(Balut)
ルンピア(Lumpiang)

スウィーツ
エンサイマーダ (Ensaymada)
タホ(Taho)
バナナキュー(Banana cue)
ハロハロ(Halo-halo)
ビビンカ(Bibingka)
プト(Puto)
マハ(Maja)
レチェ・フラン(Leche flan)

Top