セブ島留学

フィリピンの喫煙ルール

今回はフィリピンの喫煙ルールについてお話しします。 フィリピンの喫煙ルール 近年世界中で喫煙ルールが厳しくなっています。発展国だけでなく、多くの国では公共の場における喫煙が禁じられており、日本はむしろ遅れているくらいです。 フィリピンでも喫煙規制が進み、タバコを吸える場所が少なくなってきており、日本より厳しいくらいです。 喫煙による違反については初回で500〜1,000ペソ、2回目で1,000〜5,000ペソ、3回目で5,000〜10,000ペソと最大で2万~3万円にもなる罰金が科されます。 空港 空の窓口となるマニラ空港、セブ空港共に建物内は全面禁煙で、建物の外に喫煙スペースが設置されています。 ホテル 喫煙ルームを残しているホテルもあります。禁煙ルームで喫煙した場合、高額のクリーニング代等を請求されるおそれがあるので要注意です。 ショッピングモールなど モール内の店舗、レストランも禁煙です。しかし、喫煙スペースを何カ所か設けられている場合が多いです。 道端 路上での喫煙は原則禁止です(が、吸っている人もちらほら・・・。) 電子タバコも要注意 電子タバコについては規制されていない場合であってもタバコを吸っていると思われる恐れがある為、喫煙場所で吸ったほうがよいです。(問い詰められて自分で反論できる英語力があれば問題なし) でも安いタバコ。。。 環境的には日本より厳しくても、フィリピンではタバコが1箱200円弱で売っているため、日本人喫煙者には禁煙しずらいかもしません。 さいごに いかがでしたか?国も違えば、法律・ルールも異なります。渡航の際はこういった情報をあらかじめ知っておくと現地でトラブルになる事を避けられます。 以上、参考になれば幸いです。

銃を所持できる国は危険?

今回は銃を所持できる国は危険という疑問についてお話します。 銃を所持できる国は危険? 銃を所持できる国、そう聞いただけで「わ~危険だわ」とか、「行きたくない~野蛮~」とか思いませんか?いや、私もそう思っていましたw 学生時代、私が海外旅行に行く際に銃の所持率が低いという事でカナダを選んだつもりでした。 しかし実態は異なるものでした。   カナダやアメリカでは。。。 カナダそしてそのお隣は銃大国として知られるアメリカです。しかし実は両国とも銃の所有率が高いのです。 調査ではカナダは、「銃を手にできる国のランキング」世界6位となっています(参考:ガンズ・アンド・アモ)。ただ、これは狩りやスポーツ射撃用の銃が多く、ピストルなどの所持は認められていません。とはいえ、裏のルートでギャングなどに銃器がわたっているところは日本と同じようで、銃による犯罪もバンクーバーでもちょこちょこあります。   一方でアメリカは「銃を手にできる国のランキング」堂々の第1位です。護身用に所持している人も多くおり、他国に比べ簡単に銃を入手できる社会です。国民の3分の1が銃を所持している計算になるとか。。。。まさに銃大国での名にふさわしい数字ですね。 ただしその他、銃の所持が許されている国にも言えますが、だからといってそれらの国が危険とは一概にいえません。犯罪に巻き込まれるかどうかはあなたの行動次第で大きく変わるからです。 http://ryugaku-chance.com/%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e6%b2%bb%e5%ae%89/   さいごに いかがでしたか?銃を所持できる国でもそうでない国でも自分次第で安全にも危険にもなります。というより、銃を所持してもいい国は多数あり、それらを避けているとどこにも行けなくなってしまいます。滞在国で何をすべきか・すべきでないかを知っておく事が大切です。 以上、参考になれば幸いです。

バンクーバー留学

カナダの飲酒ルール

今回はカナダでの飲酒についてご紹介します。 カナダでの飲酒ルール 決められた場所でのみ飲酒可能 日本では公園で缶ビールをプシュッと開けて一杯ひっかけるといった光景が日常茶飯事ですが、カナダでは公園などのパブリックスペース(公共の場)での飲酒は法律で禁止されています。 飲酒は基本的にバーやレストランなどの店内、もしくは自宅・友人宅などに限られます。 公共の場での飲酒が警察に見つかった場合はお酒の没収は当然ですが、高額な罰金も科せられますので要注意です。 カナダで飲酒できる年齢は? 飲酒出来る年齢は州によって異なりますが、バンクーバーやビクトリアのあるブリティッシュコロンビア州(BC州)では19歳からとなっています。 どこでお酒を購入できる? 州によってルールが異なりますが、多くはリカーショップ(酒屋)が主なアルコールの販売場所となります。さらにアルコールを購入の際は年齢確認が行われます。スルーされる場合がありますが、アジア人は幼く見られがちなので高確率でIDの提示を求められます。(うれしいやら悲しいやら。。。) カナダでも飲酒運転は厳禁? アメリカ映画などでバーで一杯ひっかけた後に普通に車に乗るシーンが描かれていますが、飲酒運転は禁止されています。カナダにおいてもその基準はむしろ日本より厳しいくらいです。(が、実際には少々飲んでも気にしない人も。。。) エンタメの表現に関しては欧米は日本より大幅に規制が緩いので映画やドラマの出来事を鵜呑みにしないようにしましょう。「TVでは飲酒運転してたじゃん~」なんて、到底言い訳にはなりません。 さいごに いかがでしたか?国も違えば、法律・ルールも異なります。渡航の際はこういった情報をあらかじめ知っておくと現地でトラブルになる事を避けられます。 以上、参考になれば幸いです。

カナダの喫煙ルール

今回はカナダの喫煙ルールについてご紹介します。 カナダの喫煙できる場所は限られている! 近年世界中で喫煙ルールが厳しくなっています。発展国だけでなく、多くの国では公共の場における喫煙が禁じられており、その点では日本はむしろ遅れています。カナダもその例外ではなく、日本と同じだろうと思って渡航したらとんでもない目にあいます。 カナダにおける喫煙については飲酒同様、州によってルールが異なりますが、基本的にバーやクラブ、レストラン、ショッピングセンターなどのすべての屋内での喫煙が禁止となっています。モールなどでは喫煙可能なスモーキングエリアが設けられています。 また屋外では、公共の場や建物の出入り口や窓、喚起口などから3メートル以内では喫煙禁止となっています。 さらにバンクーバーにおいては建物の入り口から6メートル以内では喫煙を禁止する条例が出されています。ホテルの部屋はというと喫煙許可がある部屋でのみ喫煙が許されている為、滞在の際はご注意ください。スモーキングエリアを聞いてそこで喫煙してください。 違反が見つかった場合、最大2000カナダドルの罰金が科せられます。(>_<) カナダでは大麻(マリファナ)が合法化された州があったり、喫煙に寛容かと思いきや、日本よりかなり厳しくなっています。喫煙者が渡航の際は要注意です。 さいごに いかがでしたか?国も違えば、法律・ルールも異なります。渡航の際はこういった情報をあらかじめ知っておくと現地でトラブルになる事を避けられます。 以上、参考になれば幸いです。

Top